コンセプト

BASIC~医原性疾患をなくす為~

先端の技術も基本治療の応用であり、それを行う局面は限られています。
我々は通常の基本治療を重要視し、研鑽を積み応用できる延長上の治療としてのみ先端治療を取り入れます。

症例1 歯内療法で 病変を縮小して、補綴した症例

1)自発痛にて来院レントゲンでは大きな骨欠損を認める

2) 初期治療後、通法通り歯内療法を行った結果、病変の縮小を認めたので補綴に移行

3)ファイバーポストによる築造を行い

4)形成の厚みをなるべく均一に正確に咬頭が来るように形成を行う

5)最終補綴 レントゲン上でも適合のよさと病変の治癒が認められる。

X-smart plus

根の治療に優しい機械
精密な処置が求められる根管治療(歯髄まで細菌が感染した場合、根管から歯髄を取り除いて清掃し、除菌して薬剤を充填する治療)を行なうとき、根管を拡大・形成する装置です。
ファイル(根管の清掃で使用する針状の器具)が反復回転運動するので、短時間で根管を拡大・形成できます。また、歯質への食い込みを抑えられるので、ファイルの破損を軽減します。
また使用するニッケルチタンのファイルにより、治療のスピードアップや目的の根菅壁を逸脱することを防ぎます。

スーパーらくねるFINE

アルジネートという主に保険の歯の型取りに使う粉と水を自動に練る機械です。
手練りよりムラなく均質な仕上がりになり、結果精密な仕事に繋がります。

Twister evolution

ドイツ製の真空練和機です。
自動で気泡なく石膏を練り上げてくれ精度の高い模型作りに役立っております。

PROTAR evo7半調節性咬合器

より精密な咬合治療のために
当院では包括診療の際に正しい咬合診断をするためのドイツKAVOの高精度の咬合器で、模型上で、顎運動や咬合のさまざまな位置を再現する装置です。 フェイスボウ(歯列や顎堤の位置関係を咬合器上に転写して再現するための補助装置)は、上顎の模型を正しく咬合器にマウントするためのデータを、数分で取得することができます。目盛りが細かくなってより正確な調節が可能となり、角が少なく滑らかなので清掃しやすくなっています。

口腔内カメラ

より緻密な情報収集のため4台の歯科専用口腔内カメラを駆使して患者様個々に応じたデータベースを作成していきます。

Kavo master space

ドイツが産んだ世界最高の技工机、中四国最初の導入です。
医院の基礎を支えてくれています。

Beans labo

技工室兼デジタル研究所
院内にラボを併設しております。
仮歯や義歯の修理など基本治療の精度を上げることができます。
またデジタルによる様々な機器を通した解析を行っております。
歯科技工士も所属しております。